入籍1年後に結婚披露宴!スパークバルーンで大盛り上がり

最近では「なし婚」という言葉が出てくるほど、結婚披露宴をやらない
カップル(夫婦)が増えています。
披露宴にはどういう意味があり、そしてなぜ披露宴をするのでしょうか。

実際に私は入籍1年後に披露宴を行いました。
主人が人前で主役になって立つ事を嫌がり、披露宴はしない方向だったのですが
私がどうしてもやりたいという気持ちがあり、説得して行う事になりました。

今まで出席した中で、一番良かったと思えるような披露宴にしたかったので
式場も慎重に選び、プランナーの人と一緒にオリジナルウェディングを目指して
作り上げていきました。

挙式はチャペルではなく、厳かに神宮式をとり行いました。

披露宴では、友人代表の挨拶の時に友人との思い出の写真などを上映したときは友人も涙を
流していました。
一番盛り上がったのはスパークバルーンです。バルーンの中に当たりを何個か
入れておいて、当たった人には景品を用意しました。
たくさんの人に当たるように10個ほど用意しました。みんな風船の取り合いで大盛り上がり
でした。

そして、最後に新郎謝辞の挨拶がとても心に残るものになりました。
普段は恥ずかしがって、ぶっきらぼうの主人が、こんな事を考えてたのか、と
知れる事ができた瞬間でした。

友人たちからも人気があって、とても親しまれている主人を見てもっともっと好きに
なれる1日でした。

披露宴とは、親に感謝を伝えられるものであり、相手の事をもっと知れて
もっと好きになれる、そして友人や恩師などの大切さを実感できる、そんな1日が
体験できる、貴重なものだと思います。

これからの一生で披露宴をやるのとやらないのでは、とても大きな差が出ると思います。
TBC脱毛に興味がある方はこちら

アットホームな人前式で招待客と一体感を味わう

私たちは披露宴の招待客が多かったので、披露宴前に挙式や神前式を行うのではなく、招待客の皆様全員に証人になって頂ける人前式を行いました。
皆様に証人になって頂くことで、一体感も味わうことが出来ました!
披露宴会場で全て執り行ったので、式場から披露宴会場へ移動する手間もなく、式が終わり次第そのまま披露宴を始めることが出来たことも、とてもスムーズな進行で喜ばれました。
お互いの仕事の上司や恩師も出席して頂きましたが、皆さん人前式の温かさに喜んでいました!
挙式、神前式もとても素敵だと思いますが、参列者が多くて式場に入りきれない場合、アットホームな雰囲気で招待客の皆様との一体感を味わいたい時には人前式がオススメです!

あと、食事の中でお互いの出身地の食材を使った料理を出して頂き、招待客の皆様にも地元食材を美味しく味わって頂くことが出来て、皆様とても喜んでくれました!

それから、私たちは子供が産まれてからの披露宴だったので、最初は2人だけでの入場、お色直しからの再入場の時に子供(当時7ヶ月)を抱っこして3人での入場にしました。
再入場前に流して頂くプロフィールビデオの最後に、映画の予告編の様な3人での登場を予告する様なVTRを作ってもらい、とても楽しんで貰えました!
子供のお披露目にもなり、子連れでの式も良いものでした!ダイエットエステのランキングはこちら

無理のない予算でゲストも楽しませる結婚披露宴

結婚披露宴は、家族や今までお世話になった友人や会社の同僚や上司など多くの人を呼んで行うものです。多くの人が新郎新婦の結婚を喜びお祝いのために足を運んでくれます。そのため、新郎新婦自身がお祝いをしてもらうという立場にとらえがちですが、結婚披露宴は、新郎新婦が工夫をこらして来てくれたゲストをもてなすという日でもあります。自分たちのために、足を運んでくれたゲストのために美味しい料理でもてなし、一人一人に引き出物や引き菓子のお土産も用意します。結婚披露宴での演出には様々なものがあります。ケーキカットや、キャンドルサービスなど自分たちがどんな結婚披露宴を演出したいか式場スタッフと本番までに話し合い演出を決めていきます。最近では、ケーキカットは予算削減のためにイミテーションの人も増えています。しかし、結婚式に出席してきた経験上お酒をあまり飲まない人や特に女性は最後に出てくるケーキを楽しみにしている人が多いため、私は生ケーキにしてケーキバイキングも付けました。そうすることで来てくれたゲストは、とても喜びケーキバイキングを楽しんでくれたのでやってよかったと思いました。そのぶん、やはり値段が上がってしまうのでキャンドルサービスをカットしてフォトサービスにして予算を削減しました。けして無理のない範囲の予算でゲストも楽しませることがすごく大切だと思いました。

さくらぴの 28歳詳細ページはこちら

結婚披露宴はたっぷりと愛情込めたレストランウェディング

地元で人気があるレストランは結婚披露宴でも利用している方が多いと口コミでも記載があり、以前から気になっていました。お料理なども全てレストランのシェフ独自のアレンジでとても美味しいと評判だったので、食事をすることにしたらとても美味しく、味わい深い料理でレストランも庭園があり、静かな趣ある雰囲気になっていたので、ここで結婚披露宴をあげたいと思い、スタッフの方と色々と話してきました。アットホームな雰囲気で結婚披露宴をしたいと考え、ケーキなども手作りで作り、身内と仲良い友人のみを招待したいと考え、小さな雰囲気で抑えることにしました。レストランのコースメニューにして、子供も含めての結婚披露宴になり、食事などアレルギー対策もして頂くことができ、細かい部分も全てチェックして下さったので、子供達も安心して食事ができたのは嬉しいです。結婚披露宴はアットホームな流れで開かれ、手作りのケーキなどもシャフと一緒にアイディアを取り入れながら作り、また一人一人へと手作りのカードを作るなど、愛情込めて作業したことで記念に残る結婚披露宴ができたので、かなり満足感があり素敵なづんいきの結婚披露宴を開いたことは満足しています。詳細はこちら

バブルシャワーと熱帯魚のオリジナル披露宴

私たちの場合、都内の一等地での式だったのですが、土地柄全て屋内でした。主人がカトリックの為(宗派の違う)会場内チャペルではできない、そして足の不自由な祖父がいることも考慮して、移動のない宴内人前式という形を取り、披露宴会場内で式もしました。その際、フラワーシャワーやライスシャワーだと室内での掃除も大変なので、私たちはバブルシャワーを行いました。参列者の皆様にシャボン玉を一斉に吹いてもらい、花びらのようにすぐ落ちることもなく、キラキラフワフワとロマンティックなシャワーとなりました。写真写りも良く、もちろんお子さんたちも大喜びで、大成功です。シャボン玉は一口サイズのものをインターネットで購入。また、私たちは出会いが南の島だったので、その地域にいる熱帯魚を会場にディスプレイしました。事前にこれもインターネットで業者さんを探し、一日水槽をレンタル。クマノミやスズメダイ等、それぞれ何匹ずつ入れてもらうかも相談し、ライトの色も指定して、素晴らしい演出となりました。お子さんはもちろん、友人や親せきも水槽の前で記念写真を撮っていました。会場によっていろいろ決まりや、できること、できないことがあるかと思いますが、私たちは素敵なプランナーさんに出会えたので、いろいろと無理を言って我が儘を聞いていただきました。http://www.vbzx.net/