想像していなかった場所からメッセージカード出現!【よっちゃん・29歳】

結婚式で定番なのが席札の裏にメッセージがあることだと思います。私たちも来ていただいた方ひとりひとりにメッセージを残したかったのですが、少し驚いてもらいたいなと思っていました。結婚式の際、コースのセッティングとして、ナイフやフォーク・お箸・グラスなどがおかれます。その中に、お料理が運ばれてくるまで、ショープレートという見せるためのお皿がおかれることが多いです。たいていその結婚式場のロゴが入ったお皿でその上にナプキンが置かれます。料理が運ばれるとそのお皿は回収されますが、そのお皿の下にメッセージカードを隠して、お皿を回収したら現れるようにしました。そのタイミングも、私たち新郎新婦がお色直しに行ってからお皿を回収してもらえるように料理の内容も相談し、歓談中も楽しんで頂けるように考えました。そのメッセージカードも、贈る相手と一緒に写っている写真を印刷して画用紙に貼り、模様をつけて手作りしました。ゲスト全員分の写真を探し出すのはかなり苦労しました。なおかつ一枚ずつ画用紙に貼って…と気の遠くなる作業でした。当日は私たちはお色直しでそのリアクションを見られませんでしたが、後日友人や親族から、想像していなかった場所からメッセージカードが現れて面白かった。とうれしい感想をもらいました。
もっと詳しく知りたい方はこちら

結婚披露宴でキーボードとピアノ演奏を夫婦でしたらみんなの笑顔が見れた【みい・30代】

結婚披露宴で彼の好きなSEOMOのコンティニューという曲を、ピアノとキーボード両方を使って演奏しました。連弾のような感じなのですが、簡単なパートを彼に担当してもらいました。私は、ピアノをずっと習っていましたので彼に教えながらけっこう練習をかさねました。ただ二人が演奏しているだけだと盛り上がりにかけると思ったので、SEOMOのPVを大画面に流しながら、一緒に演奏することですごい迫力になり、皆さんもけっこう感動しているようでした。変な話、PVが助けてくれるので少し間違えても問題にならないですし、ある程度弾けるようになっていればけっこう弾けているように思われるのが良かったと思います。PVの音は、少しだけ控えめにしながら演奏を聴いてもらえたので良かったと思います。それに付け加えて、どこの会場でもサービスを行っているかが分からないのですが、名古屋のIZUMODENでは会場のお部屋の天井をプラネタリウムのような感じの星でいっぱいにするようなオプションがあったので、とても雰囲気がよく幻想的になりました。その後は、しっとりと私が結婚式にあったクラシックをピアノ演奏で披露して、とても感動して頂けたように思いました。
ジョウクリニックの予約はこちら

たくさんのサプライズでしあわせな披露宴

下手かもしれませんが、わたしがオススメしたい披露宴でやって良かったことは、サプライズです!!
私はファーストバイトで自分と同じくらいの大きさのスプーンを使用して旦那に食べさせました。周りからも驚きの声や拍手を頂き、とても好評で写真ばえもばっちりです!(小顔効果あり笑)
他にはお色直しの際は2人のおばあちゃんと退場しました。しあわせなことに2人とも元気で遠方から来ててくれていました。忙しい時間の中でもおばあちゃんとの写真もしっかりおさめることができ、おばあちゃん孝行が出来たと思います。
また旦那からは100本のバラのプレゼント。これは恥ずかしい気持ちもありましたがとても嬉しかったです。バラの花束は永遠の憧れでしたから。
新郎新婦友人からはサプライズムービーを流してくれました。式に来れなかった友人からもお祝いの言葉を頂きました。
よくあることかもしれませんが、席札の裏に一言一言メッセージを書いたりするのもサプライズになって良かったです。また、デザートブッフェも行ったのですが、外でのデザートブッフェだったので、2人で外に回って外からの演出を行うのも好評でした。
式が終わってからゲストが撮ってくれた写真を見るとしっかり撮ってくれており嬉しい気持ちになりました。
サプライズがたくさんあり幸せな式になりました。

ぴょん/25歳ソシエに予約しようか迷っている人はこちら

やっぱり生ビールでしょ?!新郎が売り子に変身【のじゃこは 30代】

私の結婚披露宴は、親族のみで40名程度でしたがそれでもみなさんが喜んでいただけたイベントがあったので、お教えします。
野球観戦の時に回ってきてくれる売り子の子が背負っているビールサーバーありますよね?!それを式場に手配してもらい、夫が背負い、各テーブルを回り挨拶をしていくというものです。かなり重いので、夫は汗だくだくでしたが、皆にはうけていました!
披露宴用の衣装にビールサーバーという姿はなかなか見れないので、シャッターチャンスでもあったようで写真も結構撮られていました。
瓶ビールよりも美味しいともいっていて、各テーブル回ってからも、サーバーに残っていたビールを皆が代わる代わる注ぎに来ていました。
私(妻)は、夫がビールを注いでいるあとを追いかけて皆に小袋のおつまみを配りながら各テーブルを回っていました。
小さい子にはお菓子をあげたりして。
ビールサーバーも料金は忘れましたがそこまで高くもなく、式場側もすんなり用意してくれました。
女性はドレスだしビールサーバー自体が重たくて無理ですが、男性は服が洋でも和でもサーバーは背負えるのでお願いしてみるのも良いと思います。年齢層関係なく、皆が喜んでいたように思います。リゼクリニックの予約はこちら

バルーンを使ったくじ引きゲームが好評でした

数年前に挙げた結婚式。
披露宴の1時間弱を使って「バルーンを使ったくじ引き」イベントを行いました。
私たちの場合、式場がもともと風船を使った装飾を提案してくださるところで、披露宴中はバルーンを使ったイベントを提案されました。
過去にはバルーンアートでその場で作ったカチューシャなどを出席者に配りみんなで音楽に合わせて踊ったり、
式場が外に出れるようになっているので、バルーンを使った宝探しゲームを企画したりなど様々な事例がありましたが、
私たちがこだわったことは、「雨が降った場合を想定して、室内でもできるイベント」「子どもからご年配の方にも楽しんでもらえるイベント」。
そこで非常にシンプルではありますが、私たちがイベントに決めたのは「バルーンくじ引き」。
披露宴会場の一角を使い、階段の踊り場から大量のハート型の小さい風船を落とし、一人一つ拾ってもらい、
数個の風船の中には当たりの紙が入っているというものです。当たりの紙が入った風船を拾った人には、景品が贈られるというものです。

式中の進行はバルーンアーティストの方がおもしろおかしく進行してくださったので、会場はとても盛り上がりました。
およそ100名を招待し、その中の5名が景品をもらえることにしました。景品をもらえる人はごく一部ではありましたが、
友達が当たったり親族が当たったり、会社のお偉いさんが当たったり、正直運ではありますが、景品が当たらなかった人も盛り上がってくれました。
景品も高すぎず安過ぎず、「もらって嬉しいもの」にこだわったので、当たった方にもとても喜んでいただけたように思います。

私たちの式の招待客の中に、新郎新婦ともにお世話になった会社の上司がいらっしゃったので、
そのイベント後の数分を使って、その上司の方だけのためのサプライズくじ引きを企画しました。
「三つのバルーンの中に当たりが一つと肩たたき券が一つずつ入っているので、一つだけ割って下さい」というものです。
三つとも当たりを入れて必ず当たるような仕組みになっており、一つ選んで割ってもらうと、当たり!感謝の意を込めその方が好きな地酒をプレゼントしました。
そのバルーンを使ったサプライズイベントも、上司の方にはとても喜んでいただけて、「いい思い出をありがとう」と言っていただけました。

そのイベント中だけではなく、お庭に出てバルーンリリースをしたり、式場を風船でいっぱいにしたことで会場は色とりどりの風船に囲まれとても華やかになりましたし、
小さいお子様がいると、バルーンアーティストの方がバルーンアートで犬や剣を作ってくれて、とても喜んでもらえました。
イベント後は新郎新婦が各テーブルを周り記念撮影の時間があったので、バルーンくじ引きイベントで拾ったハート形のミニ風船を持って写真を撮りました。

もう一つコスト面でのことをお話させていただくと、本来ならばお花を飾るところを一部バルーンにするだけでもコスト的にはかなりお得になりました。
各テーブルでの写真撮影でも、撮影用の小道具をイベントで使ったミニ風船をそのまま使うことができたので、節約にもなりました。

例えバルーンアーティストの方がいなくても、自分たちだけで簡単に・自由に企画できるイベントができるかと思います!
これから結婚式を控えている皆様に、是非お勧めしたいと思います。

【20代・のちゅ】詳しくはこちら

入籍1年後に結婚披露宴!スパークバルーンで大盛り上がり

最近では「なし婚」という言葉が出てくるほど、結婚披露宴をやらない
カップル(夫婦)が増えています。
披露宴にはどういう意味があり、そしてなぜ披露宴をするのでしょうか。

実際に私は入籍1年後に披露宴を行いました。
主人が人前で主役になって立つ事を嫌がり、披露宴はしない方向だったのですが
私がどうしてもやりたいという気持ちがあり、説得して行う事になりました。

今まで出席した中で、一番良かったと思えるような披露宴にしたかったので
式場も慎重に選び、プランナーの人と一緒にオリジナルウェディングを目指して
作り上げていきました。

挙式はチャペルではなく、厳かに神宮式をとり行いました。

披露宴では、友人代表の挨拶の時に友人との思い出の写真などを上映したときは友人も涙を
流していました。
一番盛り上がったのはスパークバルーンです。バルーンの中に当たりを何個か
入れておいて、当たった人には景品を用意しました。
たくさんの人に当たるように10個ほど用意しました。みんな風船の取り合いで大盛り上がり
でした。

そして、最後に新郎謝辞の挨拶がとても心に残るものになりました。
普段は恥ずかしがって、ぶっきらぼうの主人が、こんな事を考えてたのか、と
知れる事ができた瞬間でした。

友人たちからも人気があって、とても親しまれている主人を見てもっともっと好きに
なれる1日でした。

披露宴とは、親に感謝を伝えられるものであり、相手の事をもっと知れて
もっと好きになれる、そして友人や恩師などの大切さを実感できる、そんな1日が
体験できる、貴重なものだと思います。

これからの一生で披露宴をやるのとやらないのでは、とても大きな差が出ると思います。
TBC脱毛に興味がある方はこちら

アットホームな人前式で招待客と一体感を味わう

私たちは披露宴の招待客が多かったので、披露宴前に挙式や神前式を行うのではなく、招待客の皆様全員に証人になって頂ける人前式を行いました。
皆様に証人になって頂くことで、一体感も味わうことが出来ました!
披露宴会場で全て執り行ったので、式場から披露宴会場へ移動する手間もなく、式が終わり次第そのまま披露宴を始めることが出来たことも、とてもスムーズな進行で喜ばれました。
お互いの仕事の上司や恩師も出席して頂きましたが、皆さん人前式の温かさに喜んでいました!
挙式、神前式もとても素敵だと思いますが、参列者が多くて式場に入りきれない場合、アットホームな雰囲気で招待客の皆様との一体感を味わいたい時には人前式がオススメです!

あと、食事の中でお互いの出身地の食材を使った料理を出して頂き、招待客の皆様にも地元食材を美味しく味わって頂くことが出来て、皆様とても喜んでくれました!

それから、私たちは子供が産まれてからの披露宴だったので、最初は2人だけでの入場、お色直しからの再入場の時に子供(当時7ヶ月)を抱っこして3人での入場にしました。
再入場前に流して頂くプロフィールビデオの最後に、映画の予告編の様な3人での登場を予告する様なVTRを作ってもらい、とても楽しんで貰えました!
子供のお披露目にもなり、子連れでの式も良いものでした!ダイエットエステのランキングはこちら

無理のない予算でゲストも楽しませる結婚披露宴

結婚披露宴は、家族や今までお世話になった友人や会社の同僚や上司など多くの人を呼んで行うものです。多くの人が新郎新婦の結婚を喜びお祝いのために足を運んでくれます。そのため、新郎新婦自身がお祝いをしてもらうという立場にとらえがちですが、結婚披露宴は、新郎新婦が工夫をこらして来てくれたゲストをもてなすという日でもあります。自分たちのために、足を運んでくれたゲストのために美味しい料理でもてなし、一人一人に引き出物や引き菓子のお土産も用意します。結婚披露宴での演出には様々なものがあります。ケーキカットや、キャンドルサービスなど自分たちがどんな結婚披露宴を演出したいか式場スタッフと本番までに話し合い演出を決めていきます。最近では、ケーキカットは予算削減のためにイミテーションの人も増えています。しかし、結婚式に出席してきた経験上お酒をあまり飲まない人や特に女性は最後に出てくるケーキを楽しみにしている人が多いため、私は生ケーキにしてケーキバイキングも付けました。そうすることで来てくれたゲストは、とても喜びケーキバイキングを楽しんでくれたのでやってよかったと思いました。そのぶん、やはり値段が上がってしまうのでキャンドルサービスをカットしてフォトサービスにして予算を削減しました。けして無理のない範囲の予算でゲストも楽しませることがすごく大切だと思いました。

さくらぴの 28歳詳細ページはこちら

結婚披露宴はたっぷりと愛情込めたレストランウェディング

地元で人気があるレストランは結婚披露宴でも利用している方が多いと口コミでも記載があり、以前から気になっていました。お料理なども全てレストランのシェフ独自のアレンジでとても美味しいと評判だったので、食事をすることにしたらとても美味しく、味わい深い料理でレストランも庭園があり、静かな趣ある雰囲気になっていたので、ここで結婚披露宴をあげたいと思い、スタッフの方と色々と話してきました。アットホームな雰囲気で結婚披露宴をしたいと考え、ケーキなども手作りで作り、身内と仲良い友人のみを招待したいと考え、小さな雰囲気で抑えることにしました。レストランのコースメニューにして、子供も含めての結婚披露宴になり、食事などアレルギー対策もして頂くことができ、細かい部分も全てチェックして下さったので、子供達も安心して食事ができたのは嬉しいです。結婚披露宴はアットホームな流れで開かれ、手作りのケーキなどもシャフと一緒にアイディアを取り入れながら作り、また一人一人へと手作りのカードを作るなど、愛情込めて作業したことで記念に残る結婚披露宴ができたので、かなり満足感があり素敵なづんいきの結婚披露宴を開いたことは満足しています。詳細はこちら

バブルシャワーと熱帯魚のオリジナル披露宴

私たちの場合、都内の一等地での式だったのですが、土地柄全て屋内でした。主人がカトリックの為(宗派の違う)会場内チャペルではできない、そして足の不自由な祖父がいることも考慮して、移動のない宴内人前式という形を取り、披露宴会場内で式もしました。その際、フラワーシャワーやライスシャワーだと室内での掃除も大変なので、私たちはバブルシャワーを行いました。参列者の皆様にシャボン玉を一斉に吹いてもらい、花びらのようにすぐ落ちることもなく、キラキラフワフワとロマンティックなシャワーとなりました。写真写りも良く、もちろんお子さんたちも大喜びで、大成功です。シャボン玉は一口サイズのものをインターネットで購入。また、私たちは出会いが南の島だったので、その地域にいる熱帯魚を会場にディスプレイしました。事前にこれもインターネットで業者さんを探し、一日水槽をレンタル。クマノミやスズメダイ等、それぞれ何匹ずつ入れてもらうかも相談し、ライトの色も指定して、素晴らしい演出となりました。お子さんはもちろん、友人や親せきも水槽の前で記念写真を撮っていました。会場によっていろいろ決まりや、できること、できないことがあるかと思いますが、私たちは素敵なプランナーさんに出会えたので、いろいろと無理を言って我が儘を聞いていただきました。http://www.vbzx.net/